一人暮らし用の賃貸物件を選ぶ時に私が見た重要ポイント

まずは家賃が安いにこしたことはない

最初に私が一人暮らし用の賃貸物件を選ぶ時に見たポイントは家賃です。家賃が千円安いだけでも年間1万円もの違いになりますし、一般的には契約更新までの2年間住むことになるのでそれが安いにこしたことはありません。また、特に住みたいエリアが決まっていない場合は、現在住んでいる県内だけでなく、県外の賃貸情報も見比べると、非常に安い価格の賃貸物件が見つかってくることもあるのでオススメです。何より安さは一人暮らしをする時にはポイントになってきます。

二階建て物件の二階は狙い目

さらに一人暮らしをする時には二階建て物件の二階は狙い目になってきます。アパートなどの場合は一階に住んでいると、左右だけでなく上のフロアの生活音が聞こえて、快適な一人暮らしが送れない場合もあります。しかし、二階建ての物件の二階に住めば、気にしなければならないのは左右だけとなるので、少しだけ気持ち的に安らぎが持てます。神経質な方ならば特にそのことは重要になってくるでしょう。また、一階に比べ蚊やゴキブリと行った害虫などの被害も抑えられます。

言うまでもなくお風呂やトイレはあったほうが良い

ちなみに、都内で一人暮らし用の格安賃貸物件探しをしていると、中にはトイレやお風呂がついていない物件もあります。それらの物件の近くには銭湯があったりすることがあり、生活には困らない事も多いですが、やはり一人暮らしをするならお風呂やトイレはついていたほうが安心です。また、トイレが共同だと住人に気を使わなければならない部分も出てくるでしょう。なので最低限、トイレやお風呂は部屋の中にあったほうが良いです。

札幌市豊平区の賃貸マンションは、賃貸なので、引っ越したいと思ったときにいつでも引っ越すことが可能になってきます。